人類がはじめて宇宙にいった特別の日「YURI’s NIGHT Okinawa」

REPORT

本日、4月12日は人類がはじめて宇宙にいった特別の日。

全世界でお祝いを行う「YURI’s NIGHT Okinawa」を開催されました。

当日、運営を行なってくださったおおしろさんはじめ、相川さん、運営をサポートくださったみなさま、改めてありがとうございます。

さて、今回は宇宙の関連するライトニングトークとして OISTからお越し下さった森田先生の「宇宙の始まりとWebの始まりのお話」を中心にお届けします。

森田先生と宇宙との出会いは、子どもの頃に皆既月食をみてから。そこから現在までの経緯と日本ではじめてWebページを作ったおはなしを伺いました。

「はじめて、WWWを開発した先生と出会い、わたしもつくってみたら?とおはなしをしてくれました。

当時、サーバー自体、世界中に数十台しかない時代でしたので、日本に帰国したときにつくって、メールでお知らせしたのを覚えています。

現在は、宇宙と加速器のひみつにせまる物理コメディ・カソウキッズなど関わりながら、子どもたちにサイエンスの楽しさを伝えています」(森田)

他にも、素粒子のおはなし、先日のブラックホールを解説してもらったら、どっぷり宇宙を考える時間となりました。

会場には18名の宇宙が好き、これから興味が持ちたいひとが集まり、宇宙談義と特別にケーキを召し上がりました。

おきなわダイアログは引き続き「宇宙」をカルチャーとしてお伝えできればと思っています。

沖縄&全世界のYURI’s NIGHTの様子はツイッターよりご覧くださいね。
ハッシュタグ #YurisNight