アイデアをどうモックアップに落とし込むのか – XDUG Okinawa アプリを創ろう03 –

REPORT

2018年10月に、アメリカ・ロサンゼルスでAdobe MAXで新しいデザイン作成の新しいツールとして発表されたAdobeXD。

XDUG_アプリ創ろう会では、定期的にまた継続的に集まっていき、自分が創りたい沖縄に関するアプリケーション(Web/iOS/Android..etc)のデザイン、モップアップを形にしていくことを目的に行なっています。

画像1

今回は、参加してくださった方々のモックアップについて相談しあう姿が見られてました。

アイデアはある…どうやって形を作っていくの?

画像2

はじめに、AdobeXDUG Okinawaの大坪さんが「どんな構想を考えているの?」と一人ひとりに、アイデアやこれまで仕上げてきたプロトタイプについて聞いていきます。

参加者からは、出張先での交通機関までの時間を有効活用できないか、とアイデアと簡単なイラストを、他の参加者にもわかりやすいように見せてくれました。

大坪:
これ、同じような課題を感じていたよ。すごく伸びると思う。

アイデアの構想からAdobe XDでプロトタイプを作るまでの間、時間がかけるべきところに対話をしながら。約2時間ほどかけながら、Adobe XDで作ったものを進捗報告として披露しました。

参加者:
今日は、ここまで仕上がりました。いくつか構想のうちひとつの糸口が見て来ました。

参加者の背中を押すのも、また自発的に作りたいという思いがあったからこそ。次回は11月2日(土)の13時からの開催予定。それぞれがどう事業として紐づくのか楽しみです。

主催:AdobeXDUG Okinawa