この夏、絶対“シンプルでかっこいい”デザイン下着で決める! 「ボクパンフェスタ2019」

STAFFBLOG

こんにちは、おきなわダイアログの水澤です。

いよいよ、6月8日と9日からおきなわダイアログで「ボクパンフェスタ2019」が始まります。主催する鶴亀本舗から、「パンツ展示会をしたい!」と企画の相談をもらって早3ヶ月。わたしは、ボクパンフェスタ2019について楽しさを語り、30年間生きてきたなかでこれほど「(デザイン)パンツ」と連呼したことはありません。

シャキッとi | RBC 琉球で放送されました(5/24)

FineのFiner FM87.3 で放送されました!(6/4)

ちなみに、「パンツ」という言葉の力が強いためか、興味が持ってくれた人からよく聞き返されたのは、

ボクパンフェスタってなに?

(女性の)わたしには関係ないよね…

「たかがパンツ、されどパンツ!」とお伝えしたい!

ボクパンフェスタ2019では、沖縄在中のトップクリエイター8名からなる「MIX58」とのコラボレーションで、展示会やファッションショーが行われます。

ちなみに、デザインパンツには男女兼用がありますし、2019年のこの夏に、ひと味もふた味も違うわたしと出会うために。わたしなりに、ボクパンフェスタ2019で楽しむためのポイントを考えてみました。

この夏は、個性が磨かれるパンツで決める

「MIX58」のクリエイターたちが感じる、日頃の想いや自由な発想でつくられたデザインがボクサーパンツへと落とし込まれ、展示会という大舞台としてお披露目。

「どの(デザイン)パンツも、そんなに変わらないでしょ…」と思っている方へ。MIX58のクリエイターと作品(デザインパンツ)を見てもらえれば、下着へのイメージが変わります。

ミラクルくん(10歳最年少イラストレーター)

ミラクルエキシビション2018 スポーツシリーズでは、来場3000人をこえる。第2動物シリーズも名護許田道の駅で過去最高来場者数を記録するなど、注目されるスーパー小学生

ボクパンフェスタ2019出店作品

①動物シリーズ ゴリラ

②スポーツシリーズ 「バスケ」

CUE(Middle L.L.C代表)

「ホームタウンを誇りに、愛していく」ことをコンセプトにREPRESENT OKINAWAを発表。県内41市町村がデザインされたTシャツが注目を集めている。

ボクパンフェスタ2019出店作品

①REPRESENT OKINAWA – NAHA CITY

郷土愛をテーマに掲げたREPRESENT OKINAWAからボクサーパンツが登場。読谷村と共に初陣を飾る沖縄の県庁所在地「那覇市」。かつて存在したランドマーク「那覇タワー」は当時の思い出を蘇らせる。共通で入るお尻部分の市町村名はインパクト大。どうか、相手に背を向けてズボンを脱いでいただきたい。

②REPRESENT OKINAWA – YOMITAN VILLAGE

郷土愛をテーマに掲げたREPRESENT OKINAWAからボクサーパンツが登場。Tシャツでも人気ベスト3に入る読谷村が初陣を飾る。REPRESENT OKINAWAらしく、アメカジスタイルをパンツに落とし込み「履ける郷土愛」を提案する

キャンヒロユキ(放送作家)

沖縄放送作家の第一人者。放送作家脚本家演出家CMプランナー。よしもとNSC沖縄講師。「ひーぷー☆ホップ」「O-1グランプリ」を制作。「星槎国際高等学校 沖縄学習センター」にて教鞭をとる。言わずと知れた渡嘉敷島観光大使もつとめる。

ボクパンフェスタ2019出店作品

①海パン(うみぱん)

沖縄・渡嘉敷島の美しい海を切り取り、ボクサーパンツにしてみました。

②真実の口

真実を手に入れる為、その口に手を入れる!?

城間英樹(株式会社D.O.K.U.T.O.KU460 代表)

キャラクターコンテンツを中心に、ゲーム・アニメーション・グラフィック・3DCG、企画など表現に垣根を作らず、多様な領域で国内外を問わず精力的に活動中。

ボクパンフェスタ2019出店作品

①bittermelon_camoufla

②bittermelon_カラフル

bitter melonからボクサーパンツ登場! bitter melonとは苦瓜の意味で、沖縄ではゴーヤーと呼ばれています。この(ゴーヤー)という言葉は、今では苦瓜という言葉以上に使われるようになり、ある種の共通語として全国で使われています。そんな(ゴーヤー)のように沖縄から県外国外へと飛び出し、グローバルスタンダードとなることを目指し立ち上げたブランドが【 bitter melon 】です。

与座よしあき(お笑い芸人)

芸人、俳優としても評価が高く、バラエティーでは「とんねるずのみなさんのおかげでした」、テレビドラマではNHK「ちゃうさん」「どんど晴れ」多数出演。自作のLINEスタンプを作成するなど、絵描きの顔も持っている。

ボクパンフェスタ2019出店作品

①ちょっと前のど真ん中OKINAWA!

古い食堂に貼ってあるような70年代の沖縄観光誘致のポスターをイメージして描きました。

②かぎやで風の冒頭のアレ

沖縄の人なら誰でも絶対に見たことがあるかぎやで風の冒頭のアレ。
あの歩きをイメージして、前奏の工工四から描いてみました。

ナカンダカリマリ(フリーカメラマン)

沖縄県内のデザイン学校にて2年間デジタルデザインを学ぶ。その後、Web会社んて4年間勤務し、雑誌の編集者としても5年間勤務。2016年よりフリーカメラマンとして独立。県内県外を問わず、広告・ウェディング・家族写真など幅広く活動を行なっております。

ボクパンフェスタ2019出店作品

①Bougainvillea

メインビジュアルに南国 沖縄をイメージさせる、力強く情熱的な紅(マゼンタ)が印象的なブーゲンビリアを採用しました。ブーゲンビリアの花言葉である情熱とパンツという形態から、ターゲットである働く男性の内に秘めた情熱を現しています。

②yashinoki

沖縄のいたるところに生えているヤシの木。 南国のイメージと、空に向かって生える姿に力強さに魅力を感じデザインに採用しました。おもて面はヤシの木の写真を複数枚使用してコラージュすることで迷彩柄のような雰囲気を演出。モノクロ仕様で落ち着いた雰囲気に仕上げました。裏面はヤシの木のシルエットとラインが見えるデザインにしました。 全体的にモノクロにすることで落ち着いた雰囲気と、水彩であしらったボーダーで派手すぎないカジュアルで誰にでもフィットできるデザインを目指しました。

ジャンジャン(ダンサー 琉球の風なの?)

琉球の風なの?は、20周年を迎えた「JAPAN DANCE DELIGHT vol.7」特別賞受賞、「少年チャンプル」で人気を博したアニメーションダンスチーム。沖縄ダンス界に君臨する、リーダーたけし的な存在だ。コラムの執筆、など、クリエイテブな一面を見せる。チビかつ商店3丁目 オーナー。

ボクパンフェスタ2019出店作品

①Happy pants day.

産声を上げてから何度目でしょう☆ プレゼントに1枚いかがですか?? 自分で穿いて祝うのもありですね☆

②too-ish-ins-eki

デザインをよ〜く見ると…… このパンツを穿いて、変な争い事はやめましょう☆ え?まだ読めませんか?笑

pooke104(イラストレーター・アーティスト)

「見たモノ感じたモノを心のポケットに。そのポケットは発信の源であるように。」という思いから活動名をpokke104とし、生まれ育った沖縄の原風景「海、山、里、いのちのループ」をテーマにワクワクを日々製作中。

ボクパンフェスタ2019出店作品

沖縄の蝶シリーズ

自由に制作させていたけたので、私の今までつくりたかったテキスタイルです。個人的な趣味が入っており、マニアックな人向けでイメージしながら描いていました。イメージとしては、世界遺産登録も近いので、国立公園や博物館でも置いてほしいななんて思いながら提案していました。性別関係なく愛されてほしいです。

見た目も大事! ファッションショーで自分らしさを決める!

ボクパンフェスタ2019では、映像演出、沖縄初のパンツファッションショーなど、自分にあう個性がわかるような仕組みをご用意。

1年のうち365日、毎日身につける下着に沖縄らしい個性的なデザインを。大人であっても子どもであって、カッコよく映るんですよね。