沖縄に住む留学生と共創する仕掛けをつくる 〜佐野あかりさん「ポットラックパーティー 」レポート

STAFFBLOG

国境をこえて、沖縄の魅力を発信したいーー

沖縄県内の大学に通う、佐野あかりさんはそう語ります。そんな思いに後押しされるように、2018年6月からスタートした「インバウンド / 国際交流」コミュニティ。

近年、中国や台湾といったアジアから沖縄への観光客は増えているため、いわゆる県外から県内に呼び込む施策が注目されています。一方で、沖縄に住む留学生同士の交流が少ないとききます。

コミュニティでは、はじめに留学生同士の交流を促せるようにと、7月7日に「ポットラックパーティー 」を開催しました。今回、沖縄県内の魅力を発信することとどうつなげたのか、当日のイベントの様子をお届けします。

地元企業の協力をえて、開催した「ポットラックパーティー」

沖縄に住む留学生たちの前でおはなしをする、佐野あかりさん。

おきなわダイアログにお招きした留学生には、中国や台湾以外にもドイツ、ブラジルといったさまざまな地元をもつひとたちが集まってもらいました。そのなかで、お互いに共通するのは沖縄が好きということ。

「サーターアンダギーが好き」

「離島にいって写真撮影をしたい!」

「沖縄のラーメンもおいしいよね」

留学生たちの好きなもの・ひと・ことに関心をよせて、まず相手のことを知る、とわたしたちとの距離がすごく縮まった体験を経てきました。(International Meeting in 琉球大学より)

さらに、今回の企画では支援してくださった企業(ReHugオイナリアン新垣ちんすこう)もいて、地元企業と海外との接点をつくるきっかけになりました。

協賛企業について

伝来400年、琉球から受け継がれてきた伝統菓子を今日まで守りつづけてきた「新垣ちんすこう」

「再び、抱きしめ、大切に守り、大きくする」ことを通じて、「正しいことを”楽しく”行動することができる」ようになり、「人生をもっと”楽しく”」過ごすためのお手伝いをしている ReHug株式会社


沖縄いなりをファーストフードスタイルで提供する「オイナリアン(oinalian)」

 

おいしい食材をかこめば、だれもが笑顔になっている

ポットラックパーティーでは、留学生と一緒に交流したい! 混ざりたい! とさまざまなひとたちが参加し、ダイアローグをしながら関係性を育んでいきました。

自己紹介タイム

ReHugからの協賛「そうめんスライダー」。

オイナリアンの協賛「沖縄いなり」。

沖縄の名産、ちんすこうでにっこり。

留学生たちからの発表会「わたしたちが好きな沖縄のこと」

つぎのやりたいを叶える「インバウンド / 国際交流コミュニティ」


沖縄の魅力を、沖縄に住む留学生に伝えるーー

ちいさな一歩めでしたが、佐野さんや思いをもっているひとたちのやりたいをかたちにしていく。おきなわダイアログでは、そんな一歩めを大切にしています。

実際に一歩めを踏み出してくれたことで、当日参加してくれたひとにも思いが伝染していき、つぎの企画がうごきだしています。また、留学生たちの交流とともに、「沖縄に住む海外のひととの接点もつくっていきたい」と佐野さんは伝えます。

おきなわダイアログは、期間限定(2019年1月末まで)として運営していますが、その先を見すえながら、場がなくともアクションが続く仕組みづくりにも力をいれていきますね。

おきなわダイアログ レコメンド!

場所:沖縄県那覇市久茂地2-15-8 フージャース那覇久茂地ビル
(最寄りバス停:若松入口)
期間:2017年9月〜2019年1月末(予定)
コワーキング利用料金:1時間:500円、1日:1,000円(飲み物付き)
月額利用
5F(24時間) + 1F:15,000円
1F:10,000円
営業時間:11時〜20時 ※イベント時除く
営業日:水曜日休み ※イベント時除く
運営・内装施工:カラクリワークス株式会社
物件提供:株式会社フージャースホールディングス