「Paint&Sip」星月夜に魅せられて7つの作品を展示中

STAFFBLOG

こんにちは、おきなわダイアログです。

12月2日に、もっとラフに!もっと楽しく!をコンセプトに開催した「Paint & Sip in Naha」の様子をお伝えします。今回、いっしょに開催してくれたコマツマスミさんの出会いから、当日の様子についてお伝えします。

「ミラクルエキシビジョン2018」で見つけた“できるかも”という思い


「Paint & Sip in Naha」を主催してくれたコマツさん。

もともと、コマツさんとの出会いは11月2日から3日間開催された「ミラクルエキシビジョン2018」でした。その個展にて、9歳のミラクルくんが描いた作品をみて、「わたしもできるかも」と感じてくれたよう。

コマツ:いま、アーティストとして活動しているわけではないし、作品があるわけでもない…だから、個展はできないのですが、イラストを描くことならできます。

そんなおはなしを聞き、コマツさんと相談しながら決まったのが「Paint & Sip in Naha【お酒を飲みながら、スケッチして、展示する】」でした。

Paint & Sipとは、お酒を飲みながら絵を描くスタイルのこと。現在、欧米を中心に人気のある集まりと広がっています。

たくさんのひとが集まって、楽しみながら絵を描く体験をとおして、元気になったり、疲れを癒されたり。そんな共有ができたら…それは、形は違えど、コマツさんがミラクルくんの作品から受け取った“パワー”に通じるところがあるのです。

ゴッホの「星月夜」に魅せられて 7つのインスピレーションとイラスト

当日は、制作を生業にしているかたや、趣味としてイラストを描かれるひとなど、さまざまなひとがご参加くださいました。

Paint&Sipでは、同じ作品をみて、それぞれが受け取ったインスピレーションでイラストを描いていきます。今回は、ゴッホの「星月夜」でした。

参加者同士、お酒を飲みながらダイアログしたり、集中したり、3時間のなかで思い思いに過ごしていきます。そんななかで印象的だったのが、出来上がった作品について感想を伝えあうひとときです。

参加者の声:あるひとの作品をみて、芯がブレない性格なんだと思いました。モチーフは、みんな同じ星月夜なんだけど、イラストからわたしはわたし、そんな力強いものを感じるんです。

Paint & Sip in Nahaでのイラストを、12月10日まで展示中

参加者のみなさんが作ったイラストについては、おきなわダイアログで展示しています。たくさんのかたに見てもらいながら、だれかの背中を押すような機会になったらいいな、と期待を込めて。

【展示名】

星月夜に魅せられて 7つの「日の出前の村の風景」

【展示期間】

12月3日(月)〜12月10日(月)

【展示終了後】

ご参加者へとお渡しさせてもらいます。

本日のOkinawaDialog recommends!

Okinawa Dialogとは

Okinawa Dialog Eventとは

その他、店舗の最新情報やイベントについてはこちら。
Facebook

twitter

Instagram

peatix