【クラウドファンディングに挑戦中】Dialogを起点にクリエイティブを信じて 100つの点と点を円に変える場づくり

STAFFBLOG

クラウドファンディングに挑戦中

「カルチャーを通じて、沖縄のこれまで、これからを対話する」をコンセプトに、型破りな企画を打ち出し、約1年間で5000人以上が来場。様々な地域や海外(韓国)とも連携しながら行なってきました。10月に1周年を迎え、これまで関わってくれた人たちが円として広がるように、今回初めてプロジェクトを挑戦します!

「超楽しい」「超面白い」場を目指して

沖縄県那覇市でコワーキングスペースとイベントスペースを運営する「Okinawa Dialog」の管理人の水澤と申します。

Okinawa Dialogは、「カルチャーを通じて、沖縄のこれまで、これからを対話する」をコンセプトに期間限定(2017年10月から2019年1月まで)での運営予定でしたが、ご好評につき、期間の延長(2019年9月予定)することとなりました。

そこで、この1年でさらに加速させ、様々な地域の方たちと沖縄にて対話することで地方から創造性あるアイデアを生み出し、「超楽しい」「超面白い」プロジェクトを創出したい。ゆくゆくは、沖縄県内外へと円として広めていきたいと考えています。

そのために、2018年10月27日(土)、28日(日)に開催する周年祭「Dialog Anniversary Festival For Artists.」を皮切りに、リスタートしました。

今回、初プロジェクトとして、皆様より周年祭「Dialog Anniversary Festival For Artists.」についてのフォトブック、店舗の備品(設備費)と、この1年を走りきるための資金のご支援を頂きたいです。

プロジェクトへの思い、リターン品などを以下でお伝えしていきます。

はじめのご挨拶

たくさんあるクラウドファンディングのプロジェクトの中から、興味を持って頂き、ありがとうございます。

はじめまして、私はOkinawa Dialogの管理人を務めています水澤陽介と申します。2013年から、沖縄に住む人の温かみや文化に魅力を感じ、新潟から移住しました。

私は、Okinawa Dialogがオープンする以前より文章を書く仕事をしてきました。主に、「人」を中心に取材してきました。

そして、この世の中に記事を発表することで、その取材相手の思想や哲学を知り、考え方にふれ、読んでくれた読者からその周辺の人へと伝染するように、と心がけて作ってきました。

でもいつのときからか、世の中にある記事が本当に届けたい相手に届いているのか? そう感じはじめ、悩んでいたときに、Okinawa Dialogの運営企業であるカラクリワークス株式会社から管理人を任せてもらう機会を頂きました。

そのため、私たちは単なる貸しスペースではなく、ここを利用していただく人たちの思いや考え方をきちんと伝えられるような場づくりにすることを大切にしています。

2017年10月のOkinawa Dialog

2018年10月には、Okinawa Dialogで知り合った方たちによるスタートアップ・起業パーティーが開催された。(アルパカ・ラボ様)

Okinawa Dialogでは、「カルチャー」をテーマに当スペースから情報をお伝えするにとどまらず、このスペースを起点に人と人とが出会い、対話することで新たな繋がりや発見に繋がる、これから成りたい自分のために必要なスキルや考え方をふれることで、はじめの一歩を踏み出せる、そんな機会を作ってきました。

今回、期間限定(2019年1月まで)での運営予定でしたが、ご好評につき、期間の延長(2019年9月予定)することになりました。

そこで、Okinawa Dialogが掲げるコンセプトに加えて、「超楽しい」「超面白い」となる場にすること。そのために、2018年10月27日(土)、28日(日)に開催する周年祭「Dialog Anniversary Festival For Artists.」を皮切りに、リスタートしました。

Okinawa Dialog でプロジェクトを行おうと思ったわけ

これまでに、ご参加くださった5000人以上がOkinawa Dialogを起点に出会い、地域をこえ、自分自身が成し遂げたい人生に叶えられるように、取り組んできました。今回のプロジェクトでは以下のことを新しい取り組みとしてお伝えいたします。

1.「Dialog Anniversary Festival For Artists.」のフォトブック

2.早朝に営業時間を設ける

3.Okinawa Dialog オンライン・オフラインコミュニティ

Dialog Anniversary Festival For Artists.のフォトブック


Dialog Anniversary Festival For Artists.では、「見て 対話して 感じる秋」というコンセプトのもと、2018年2月に開催した「Mikata展 ~見方を変えて味方を作れば 世界はより美しくなる」に出演して頂いたアーティスト・DENPAさんをゲストにお招きしました。

これからの沖縄のカルチャーを盛り上げてくれるであろう人物をキャスティングしました。

・アーティスト・namiさん

・ファッションデザイナーKUGAIさん率いる BABA

・ファッションデザイナー・Mako Aragakiさん

具体的には、周年祭として「ART」「APPAREL」「ACCESSORY」「WORK SHOP」から、それぞれのテーマで作品展やライブペイントを行いました。

ART (DENPAさん、namiさんによるライブペイント)

APPAREL (BABAによるセミオーダーアイテム)

ACCESSORY (アラカキによるときめくハンドメイドアクセサリー)

WORK SHOP (もくもく工房特別回)

当日の様子を、ダイアログが大切にする「ログ」、これからへと残していくためにフォトブックを制作します。フォトブックには、沖縄県内で撮影を行うカメラマン・yoshikawasatoruさんや、ご協力していただいたモデルさんにも許可を頂きましたので、制作します。

早朝に営業時間を設ける


毎月第2日曜日 朝7時から開催する早朝読書会の様子

本をきっかけに人と人を出会う場として、これまで11回開催した「早朝での朝活」(第2日曜日、午前7時から朝10時に開催中)。

そのなかで、ご参加者同士が自分自身ができること、やりたいことを伝える場へと自然に変化しはじめ、様々なはじめの一歩を踏み出していく姿を近くで見てきました。

こうした機会を通して、早朝であっても本と珈琲、そして人が出会う場の可能性を信じることができると思います。そのため、早朝の時間帯にも営業したいと思います。

仕事前に。ご自宅の家事がひと段落したあとに。ペットの散歩がてらに。

Okinawa Dialogに立ち寄って頂き、対話をきっかけに今日1日を楽しんでもらえるようにします。

Okinawa Dialog オンライン・オフラインコミュニティの始動


100つ以上の企画をご用意して運営していくなかで、ここで繋がったひとたちは、自発的で、好きなひと・もの・ことを発信できる力を秘めていると思います。

期間限定を終えても、人と人との繋がりを持続的なものにするために、Okinawa Dialogではオンラインとオンラインを掛け合わせた「コミュニティ」を創出します。

2019年9月以降であっても、共通したジャンルで好きな人同士が集まることでプロジェクトが生まれる場として。また、場が変わってもお互いに好きに集まってアクションに繋がる、そんな仕組みを作ります。

これまでの実績

企画「那覇でキャンプ」の様子

Okinawa Dialogでは、2017年10月にオープンして約1年間で、100つ以上の「企画」を実施しました。新たな創造性を生み出せるよう、沖縄はもちろん様々な地域から職種や職能、カルチャーに携わる人たちをお招きして、未来につながる、そんな機会と選択肢をお伝えしてきました。(これまでに東京、名古屋、福岡、広島、金沢などからゲスト出演してもらっています)

たくさんの企業から支援・協賛をいただき、また多数のメディアに取材していただきました。また、Okinawa Dialogの場ですべてが完結しないように、他のスペースと連携した企画を実施できるようにしました。

トークイベント「Okinawa to Korea ~Coworking Culture & Digital Nomad」

韓国にあるコワーキングスペース「Peachtree」で働くコンテンツマネージャーとSkypeトークイベントを行いました。沖縄と韓国のコワーキング文化を比較しながら、どう連携できるかトークセッションを行いました。

PeachtreeのブログにてOkinawa Dialogをご紹介してもらっています。

[Peachtree X Dialog] 오키나와 코워킹 스페이스 다이얼로그와 ‘대화’하다.

伝統芸能 「58組踊」


劇場以外でも、沖縄の伝統芸能「組踊」の演奏を楽しんでもらえるよう、2017年10月から月に一度、演奏家・仲嶺さんとウザシチをお招きしてコンサートを行いました。

琉球古典音楽のコンサート「58組踊(ゴーパチクミオドリ)」とは?
また、メディアにも取り上げて頂きました。

沖縄タイムス+プラス:身近に「組踊」感じてほしい 若手実演家・仲嶺さん、熱意と工夫で挑戦中

Okinawa Dialogで生まれた「58組踊」を他の地域の方にも楽しんでもらえるよう、沖縄県交流型サービスオフィス「トヨプラ」や「那覇市ぶんかテンブス館」での開催にご協力しました。

ぼくらのローカルヒーロー 〜糸満365から沖縄365を考える〜


沖縄県糸満市の地域に入り、10年後のまちづくりを見据えて活動するクリエイティブチーム「糸満365」と観光イノベーター・伊藤さんをお招きして、ローカルの魅力を伝えた「ぼくらのローカルヒーロー 〜糸満365から沖縄365を考える〜」。地域ならでは、楽しさを伝える企画を行いました。

当日の様子は、NHK沖縄の沖縄 NEWS WEBにて「街の活性化を考えるイベント」として取り上げて頂きました。

他にも、建築家や管理栄養士、ファッションデザイナー、アーティスト、Webデザイナー、エンジニア、音楽家、ライター、泡盛マイスター、フォトグラファーといった様々なカルチャーに精通する人をお招きして、参加する方々が横断的に、また多層的にふれられる機会を作っています。

資金の使い道

1.Dialog Anniversary Festival For Artists.における運営費、フォトブックの制作費(10万円)

2.営業時間の伸ばすにあたり運営費や人件費、光熱費、その他設備代(7万円)

3.コミュニティ運営費(3万円)

その他、企業・団体・個人であっても共に対話ができる場として、また沖縄にとどまらず、様々な地域と連携しながらよりよい場として運営できるように資金を活用します。

リターンについて

ご支援頂いたみなさまに、フォトブックのほかに、Okinawa Dialogの1日利用券、オリジナルTシャツやスポンサーとしてWebサイトの掲載、当スペースの貸切利用などをご用意します。

最後に、お願いのメッセージ

ここまで、長文をお読み頂きありがとうございます。

私は、Okinawa Dialogに来てくださる方、興味を持ってくださる方、スタッフとして関わってくれる、全ての方にこれからよりよい選択肢を、ここOkinawa Dialogからお伝えできたらと思い、歯を食いしばってやってきました。

企業型運営のため、オープン当初は事業計画通りにいかず、途方にくれ、何度も諦めようと思ったときもあります。

そこから、Okinawa Dialogに来てくださる人が、一人、また一人と「良い場所だね」と言って頂き、ご紹介していただくことでこの1年間を乗り越えることができました。

改めて、深く感謝を申し上げます。

期間限定での運営を取らせていただくことで、今までとは違う、継続した場作りではなく、関わってくれる人たちがこの場所を起点に、これからに繋がる可能性を、始まりの「種(タネ)」を撒くことができるようにと思い、新しいことにも挑戦してきました。

今回、期間限定の期間を延長することを、クラウドファンディングでお知らせすると共に、さらなるご期待とご要望にお答えできる場であり続けるために。

みなさまからのご支援とご協力をお待ちしております。