iPad愛、叫んだ日 「iPadをもっと楽しもう! #ゆるゆるiPad 交流会」

REPORT

3月31日に、Graphic Reporters & D#(沖縄デザイングループ)で開催された「iPadをもっと楽しもう! #ゆるゆるiPad 交流会」

当日は、14名のひとがお越しくださった当イベントでは、スピーカーの山里將樹さん(イラストレーター)となかそねことみさん(グラフィックレポーター)のお二人からおはなしをしてくださいました。

iPadの魅力をポイントにしてお届きしていきます。

山里さんのセッション

01. ペパーレス、はじまり
iPadで使うようになってから大きく変わったのは、請求書や資料などの紙を使う機会が減ったこと。

例えば、請求書などもiPadにはじめから入っているスキャン機能を使えば、一度紙に起こして再度読み取るを行うことが不要になりました。

02. 作業”場所”と”姿勢”に左右されない
iPadを使うことで、場所と姿勢に左右されない働き方ができていると言います。

例えば、パソコンなら机と椅子が必須になるが、iPadなら膝に置いて作業できるため、一定時間同じ姿で仕事をすることで引き起こる肩こりなどが軽減できました。

03. SNSの融和性
最近、大好きなサッカーチーム「FC琉球」の応援のときにもiPadを持参する山里さん。そこで、撮影した写真など、そのままiPadのイラストレーションツールを使うことで、データ移行せずに作業が行えます。

ことみさんのセッション

01. iPadの選び方について
iPadについて種類は様々で、iPad Pro、iPad Air、iPad、iPad miniと違いについて解説してくれました。詳しくはご参考までにと教えてくれました。

iPad、どの型を選べばいいですか?に答えます #グラレポの教科書 コラム

02.iPadの写真&イラスト加工を加速するツール
iPadで無料で使えるAdobeツールなどを紹介。実際にデモンストレーションとして、写真のなかの人物を消したりと、使い方の可能性をお伝えしてもらいました。

以下のツールをご紹介してくれました。
Adobe Sketch 、Photoshop Mix、Photoshop Fix、Light room CC

後半として、スピーカーと参加者をふくめて交流会を行いました。ご持参していただいたiPadの使い比べや、iPad愛についてそれぞれ語り合う時間となりました。

印象的だったのは、山里さんが語る「仕事の95%がiPadで完結している」という率直なお言葉でした。当日の様子を、参加者のいしみね様がグラレポにしていただいたので、お伝えさせてもらいますね。

主催:Graphic Reporters

共催:D#