1on1で受講生の成長を促す FROGS Academy 12コマ目

EVENT

7月27日に開催されたFROGS Academy 12コマ目は、前回に引き続き「サービス構築」をテーマに課題の解決手法をブラッシュアップしていきました。

今回は、​株式会社FROGSの畑中ひらりさん、久高幸也さんが中心に受講生と1on1ミーティングを行いました。

これまでのFROGS Academyはこちら。

FROGS Academy Ryukyufrogsから生まれた、『未来を生き抜く力』を身につける学び舎。(会場協賛)

インターネットで情報収集できる昨今だからこそ「コミュニケーション」の重要性

昨今、yahoo!やスタートアップでも、人事プロセスとして月に1回から週に1回時間を設けて「1on1」を行う事例が増えてきました。なぜなら、自分自身の適正や可能性を見つかるキャリア開発につながるため。

受講生たちは、これまで週に1回設けられてきたテーマをがむしゃらに行なってきました。

自分なりの課題に対して解決方法を模索するとき、インターネットでの情報収集を行なえますが、講師やサポートするFROGSメンバーとの1on1のコミュニケーションを通して、成長する度合いやお互いの信頼関係によって、気づきを得られることが多いためです。

アウトプットはGoogle Classへ。中間発表まで1ヶ月をどう過ごす?

畑中さんと久高さんは時間をかけて、現状分析をサポートしつつ、これからのどんなマインドセットを持ったほうがいいのか、対話されました。

1on1で受講生たちがみつけた可視化された課題や悩み、今後のスケジュールをGoogle Classへとまとめていきます。

30分という上も下もない、子ども個人を中心としたミーティングを通して、どう課題解決につなげていくのか、私たちも楽しみにしています。

主催:株式会社FROGS