お仕事のタネを探る 「靴磨き」×「建築管理」その裏側を公開取材 〜仲程秀之さん 新里尚次郎さん

いつ:
2019年1月24日 7:00 PM – 8:30 PM
2019-01-24T19:00:00+09:00
2019-01-24T20:30:00+09:00
連絡先:
098-860-0336

沖縄に住んでいると、「仕事が少ない」と聞いたことはありませんか。

とはいえ、仕事と一言でいってもその種類は多種多様。世の中には、500種類以上の職業があり、どういうふうにその仕事が成り立っているのか、なかなか伺う機会がありません。

こんかいは、「お仕事のタネ」をテーマに、好きなことを仕事にするおふたりの職人に公開取材して、その裏側を探っていきます。

「靴がキレイになると、人は笑顔になれる」そう語るのは、靴磨き職人の仲程秀之さん。そして、お客様から「建築マニア」と評されるほどに建物を愛する建築管理士の新里尚次郎さんのおふたりに、フリーライターでもあるOkinawa Dialogの水澤陽介が公開取材を行います。

ここだけでしか聞けない、仕事のタネをいっしょに見つけながら、これからのお仕事に対する価値観をアップデートしてみませんか。

〜こんなひと、おすすめです〜

・好きなことを仕事にしてみたい
・職人たちの裏側を知りたい
・ビジネスのタネを見つけてみたい

■概要

タイトル:お仕事のタネを探る 「靴磨き × 建築管理」 その裏側を公開取材
日時:2019年1月24日(木)19:00〜20:30
場所:おきなわダイアログ
料金:1000円
お問い合わせ:おきなわダイアログ
電話番号:098-860-0336
メールアドレス:info@okinawadialog.com

■登壇者
1.仲程秀之さん(靴磨き職人)

「靴がキレイになると、人は笑顔になれる」
前職は革靴の接客販売。
アフターフォローの靴磨きで多くのお客様にお喜びいただいたことから、「靴磨き(シューケア、シューシャイン)」を探求。
その奥深さに魅了され、ついに独立を決意。
お気に入りの靴をいつまでも履き続けるお手伝いをします。

2.新里尚次郎さん(建築管理士)

浦添市生まれ、2級建築士。
東京の建築会社、県内設計事務所、コンクリート会社、自動ドア会社などで経験を積み、Architect Lab Chalom Labを設立。月に一度、琉球新報「かふう」にて住宅診断の様子や、住宅のメンテナンスについて紹介している。また、週に一度程度フェイスブックライブにて建物維持管理などについても放送している。

3.水澤陽介(フリーライター)


沖縄移住6年目。これまでに、ファミマガ/スポーツアイランド沖縄/空港の裏方お仕事図鑑2017/おきなわマグネットなどで取材を行う。