伝わるプレゼンテーションデザイン 〜簡潔で説得力のあるプレゼンテーションの作り方〜

いつ:
2019年4月13日 6:30 PM – 8:30 PM
2019-04-13T18:30:00+09:00
2019-04-13T20:30:00+09:00
連絡先:
098-860-0336

昨今、社会人や大学の授業でも「プレゼンテーション」を行う機会が増えていますよね。

例えば、クライアントへの提案や社内予算の取り決めなど、相手の心を動かし、物事を決めるために。プレゼンテーションは、いつの時代でも大切なスキルなんです。

でも、いざ人前に立ったとき、
「伝えたいことが伝わっていない気がする…」
「時間が足りなくなってしまう…」
と感じたことがありませんか?

今回、プレゼンテーションのストーリー設計から発表資料の作り方など、「伝わるプレゼンテーションデザイン」をテーマに、プレゼンに関する課題の解決策を探ります。

登壇者は、アートディレクター・【外山トムさん】

これまで、自身の事業や関わってきた企業のロゴデザインやブランドづくりをサポートしてきた経験をもとに、明日からつかえる”伝える”ための準備・方法をトーク形式でお伝えします。

簡潔かつ説得力のあるプレゼンテーションの作り方に、ご興味のある方はぜひ参加してくだされば嬉しいです。

トークテーマ

・プレゼンテーションのストーリー設計、発表資料の作り方
・会場からの質問コーナー

日付

2019年4月13日(土) 18:30 PM – 20:30 PM くらいまで

参加費

2,000円(施設利用費含む)

こんな方におすすめ

・プレゼンテーションで伝えたいことが伝わっていない気がする
・言いたいことがあふれて、時間が足りなくなってしまう
・プレゼンテーションの作り方に興味のある

登壇者プロフィール

外山トム
1990年、北海道生まれ。
慶應義塾大学環境情報学部卒業。
CI(コーポレートアイデンティティ)やブランディングに特化したアートディレクター、グラフィックデザイナー、イラストレーターとして活動。2014年LGBTに関わるサービスを提供する株式会社Letibeeを創業。2016年ダボス会議の全世界のユースコミュニティGlobal Shapers Communityに選出。人がお尻に座れるという一身上の都合により、高校時代ついたあだ名はケンタウロス。漫画が好き。

緑間なつみ(インタビュアー
1986年、東京(福生)生まれ。
大学(経営学部)卒業後、1年制の専門学校に通った後、東京のweb制作会社にデザイナーとして入社。結婚を機に夫の出身地である沖縄に移住しフリーランスとして独立。現在は株式会社Alpaca.labに所属しつつ、フリーランスとして県内案件の他、県外の案件もリモートワークでの仕事も継続中。