ベストセラー作家に聞く 沖縄の著者トーク 〜作家 / プロデゥーサー 松永多佳倫〜

いつ:
2019年6月18日 7:00 PM – 8:30 PM
2019-06-18T19:00:00+09:00
2019-06-18T20:30:00+09:00
料金:
1000
連絡先:
098-860-0336

「沖縄」をテーマにした沖縄県産本や小説、ガイドブックが出版、映像化される作品が増えています。

とはいえ、作家視点からどのようにアイデアから本が生まれ、皆さんの手元へと届けられているのか…?

その過程での楽しさや作り手ならではの苦労など伺うべく、今回は、2016年に著書「沖縄を変えた男」が映像化されるなど、多数の本の出版、プロデュース業を行う松永多佳倫さんに、沖縄の著者トークをテーマにトークセッションを行います。

〜こんなひと、おすすめです〜

・本を読むのが好き
・作家になりたい、または興味がある方
・沖縄をテーマにした本の魅力を浸りたい…など。

松永さんにおはなしを伺いながら、本の世界を楽しみましょう!

[概要]

日程:6月18日(火)19:00〜20:30
料金:1000円(税込)
開催場所:おきなわダイアログ
沖縄県那覇市久茂地2丁目15−8 フージャース那覇久茂地ビル1F

[申込方法]

メールアドレス、または申込フォームからお知らせください。
電話番号:098-860-0336
メールアドレス:info@okinawadialog.com

[プロフィール]
松永多佳倫 まつなが・たかりんさん

1968年生まれ。岐阜県大垣市出身。琉球大学卒。現在、琉球大学大学院人文社会科学研究科在学中。
作家の傍、プロデュース業も手がけ、先月末発売した初プロデュースした金城優華デジタル写真集『島に咲く華』の売れ行きが好調。主な著書に、映画化された『沖縄を変えた男―栽弘義 高校野球に捧げた生涯』(集英社文庫)、『マウンドに散った天才投手』(講談社α文庫)。『偏差値70からの甲子園-僕たちは野球も学業も頂点を目指す-』(集英社文庫)、『善と悪 江夏豊のラストメッセージ』(KADOKAWA)、『最後の黄金世代 遠藤保仁』(KADOKAWA)、『沖縄のおさんぽ』(KADOKAWA)など。来夏、小説デビュー。第2弾は映画化予定

 

その他、ご質問はこちら。