CEOキッズアカデミー 那覇校 14コマ目 「ジューススタンドの原価計算」で起業化視点を養う

REPORT

沖縄で飲食店で起業しようと思ったとき、原材料や賃貸、人件費、備品代などから差し引いて、1日何人お客様がお越しになるかを計算しなければ、店舗を続けることがむずかしいですよね。

7月20日に開催された「CEOキッズアカデミー 那覇校」 14コマ目として「ジューススタンドの原価計算」をテーマに、9月1日に行なう出店の準備を進めていきます。

ジューススタンドの支援してくれる人を可視化しよう!

ジューススタンドを原価計算する前に、そもそもどう資金を調達するを可視化していきます。野原さん、そして親御さんとともに考えていきます。

野原さん:
ジューススタンドを行う上でお金は欠かすことができません。例えば、銀行や親族に借りる以外にも、企業等のスポンサーから投資を受ける、またクラウドファンディングでインターネット上で融資を受ける、様々なかたちがあります。

とはいえ、銀行で借りる等子どもたち自身に信頼性が必要になる場合もあること、覚えておいてくださいね。

では、ジューススタンドで稼ぐ以外にも手段を知った中で、原価計算に移っていきます。

原価計算から商売の基礎がみえる

*スマホで原価計算する親子

原価計算とは何でしょうか。飲食店などを有形の商売を行なっていない人には聞きなれない言葉かもしれません。

原価計算とは、原価管理の基礎となる情報を正しく把握して、ジューススタンドの利益計画や予算管理の精度を高め、経営管理に貢献する方法です。

では、今回の出店で基本的な原価を考えていきます。

野原さん:
まず、ここおきなわダイアログさんを借りる場合でも、3時間1万5000円かかります。仮に、チケットが1000円なら15名来ないといけないですよね。

そこから、ジュース代の原材料はいくらかかるのか、どうすればお小遣いとしてもらえるのか、ノートに書き出していきましょう!」

具体的には、仮にしぼりたてのジュースを提供したいのならば、果実(フルーツ)が必要になる、など、子ども主体で考え、文章やイラストで可視化していきました。

チラシ完成まもなく! 子どもたちが作るデザインをお楽しみに

9月1日(日)午後から開催予定の「CEOキッズアカデミー那覇校」プレゼントでお披露目される出店について、子どもたちが作るチラシが間もなく完成されます。受講生たちの成長を感じ、体験できる機会となりますので、お楽しみください。

CEOキッズアカデミー 那覇校 主催:alive

会場:おきなわダイアログ