「あふれる本棚」 〜本で人をつなぐ、サンキューファンド〜 中間報告

STAFFBLOG

2018年8月12日(日)から、おきなわダイアログとパソナ那覇にて「あふれる本棚」をスタートしました。

今回、中間報告としてこれまでお預かりした金額をサンキューファンドへと寄付しましたのでお知らせします。

あふれた本たちが生み出す循環を目指して

あふれる本棚とは、ご自宅の本棚からあふれた本をメッセージ付きで寄付してもらうリユースとして循環。

そして、ご提供してもらう本を100円から販売し、頂いた代金はさまざまなボランティア団体さまへ寄付をするペイフォワード(人からいただいた恩を別の相手に恩返しする)をコンセプトに行います。

読み手によって本が活き、だれかの助けとなる

日頃お世話になっているすべての人々に「心からの感謝の気持ちを表す日」として毎年3月9日、6月9日、9月9日、12月9日を「サンキューデー」と設定しています。その活動から生まれたのが社会貢献福祉活動を行うための基金「サンキューファンド」です。

パソナグループ社員やスタッフの方々から、募金をはじめ使用済み切手や使用済みテレホンカード、外貨コインや書き損じハガキなどを回収、1年間分をまとめたものをその年度の「寄付金」として様々なボランティア団体に寄贈しています。

今回、おきなわダイアログから総額8,588円を寄付させて頂きました。(約100名のかたが本を通して寄付したこととなります)

私たちは引き続き、本を通して新たなペイフォワードな関係を作っていけるよう努めていきます。

改めて、ありがとうございました。

協力:パソナ那覇